【愛媛タルトの種類】各タルトメーカーと商品をまとめてみました!

こんにちは!愛媛県在住主婦ブロガーのタマです!

皆さん、タルトってとってもおいしいですよね!

そう言われて、フルーツの載っているケーキを想像したあなた…愛媛県民にとってのタルトは少し違うものを指す事をご存知でしょうか?

愛媛の銘菓『タルト』は餡子をカステラで巻いた和菓子です。愛媛県民に親しまれているお菓子で、お土産としても人気なんですよ。

実は『愛媛のタルト』は一つだけじゃなくて、たくさんの種類があるんです。

「愛媛のタルトってどこのメーカーから発売されているのかな?」
「愛媛のタルトはどんな種類があるんだろう?」

そんな疑問を持っている方のために、今回は産まれも育ちも愛媛県の私がタルトのメーカーや種類についてまとめてみる事にしました。

愛媛のタルトについて詳しく知りたい方は是非今回の記事をご覧になってみてくださいね。

あわせて読みたい

【愛媛タルトの比較】おすすめタルトメーカー6つのランキング♫

 

『愛媛のタルト』ってどんなお菓子?

一般的に『タルト』と聞いて思い浮かべるのは下の写真のような、『パイ生地やビスケットの様な生地の上にクリームやフルーツを盛りつけられたお菓子』ですよね。

タルト

一般的なタルト

愛媛県民にとっての『タルト』とはどんなものだと思いますか?

それは…こちらです!

じゃん!

タルト,愛媛

愛媛県民にとってのタルト

愛媛県民にとっての『タルト』は、上の写真の様な『カステラ生地で柚子風味の餡子を巻いた和菓子』を指します。

この『愛媛タルト』は愛媛県の定番のお菓子で、お土産や贈呈用として利用したり、おやつとして食べたりと色々な場面で愛媛県民に親しまれています。

私も小さい頃は『愛媛タルト』しか知らなかったので、大きくなって『一般的なタルト』を知った時には「この洒落たケーキがタルト?」と驚いた記憶があります。

『タルト』の名前の由来は?

「そもそも愛媛のタルトはなんで[タルト]って言うの?」

気になったのでちょっと調べてみました。

愛媛県に伝わる郷土菓子のタルトは初代松山藩主「松平定行公」によって長崎から伝えられました。

松山

1647年(正保4年)に松平定行公が長崎探題職として在任中、ポルトガルからやってきた南蛮菓子(カステラでジャムを巻いたもの)の味に魅了され、それを松山に持ち帰ったのがはじまりとされています。

私たちが一般的に想像するタルト(tart)は冒頭でも説明した様に「タルト生地の上にクリームやフルーツを乗せたもの」です。

しかしそのタルト(tart)の語源であるラテン語のトルテ(tōrta)は焼き菓子の総称になります。つまり当時の認識では西洋菓子はみんな「トルテ」だったのです。

おそらく定行も当時見たカステラでジャムを巻いた焼き菓子をポルトガル人から「トルテ」と紹介されたはず…そこから「タルト」になったというわけですね。

タルトの歴史

タルト店

初代松山藩主・松平定行公によって愛媛に伝えられたタルトは戦後から松山で盛んに作られるようになり、現在では様々なメーカーが『タルト』として色々な商品を出品しています。

タルトは当初、『餡の中に柚子が入っているもの』と明確に定義が決められていたようですが時とともに変化を遂げました。

現在では栗が入っていたり、抹茶や苺などいろいろな味があったり…たくさんの種類のタルトが発売されているんですよ。

また、愛媛県菓子工業組合が1954年に『タルト』の商標登録を行なっており、愛媛県以外の地域では商品名に『タルト』と名付ける事ができないという決まりがあります。

愛媛の有名なタルトメーカーは?

先ほどにも書いたように愛媛のタルトはいろいろなメーカーから発売されています。

実は愛媛県民でも把握できないほどたくさんのメーカーがタルトを発売しているんです!調べたところ愛媛県菓子工業組合・タルト部会の会員は約200人という事なので、ざっと200社くらい違ったメーカーから発売されているのかな…?

その中でも有名と言われているタルトのメーカーを挙げてみました。

愛媛の有名なタルトメーカー

  • 一六本舗
  • ハタダ
  • 六時屋
  • うつぼ屋
  • 亀井製菓
  • あわしま堂

この中でも特に有名なのは一六本舗・六時屋・ハタダのタルトでしょうか。お土産や贈呈用にもよく用いられます。

各メーカーについてのご紹介と、出品されているタルトについてをまとめて見ました。

愛媛タルトのメーカーと種類

今回は松山の中心部にある『いよてつ高島屋』地下一階のお土産物売り場でタルトを購入しました。

じゃん!

愛媛タルト,種類

高島屋の地下だけでもこんなにたくさんのタルトが揃いました〜!

いよてつ高島屋で購入できるタルトのメーカー

  • 一六本舗
  • 六時屋
  • ハタダ
  • うつぼ屋

高島屋では4つのメーカーのタルトが販売されていました。

小包装の分のみ開封して見ました!「の」の字が並んでなんだかわいいです♡

愛媛タルト,種類

それぞれのメーカーと出品しているタルトをご紹介していきますね!

一六本舗

一六本舗は1883年創業の、松山市でも代表的な老舗菓子店です。

創業の1883年が明治16年だった事から会社の名前を『一六』としたそうです。愛媛県内でも数多くの店舗があり、公式サイトで確認すると現在県内で27店舗あるようでした。

一六本舗からはたくさんのお菓子が出品されていますが、特に『一六タルト』は有名です。実は食べやすいカット済みの商品を最初に考案したのも一六なんですよ。

一六のタルトの特徴は種類がたくさんあるという事です!今回店頭で見ただけでも5種類のタルトがありました!

一六のタルトの種類

愛媛タルト,種類
  • 柚子
  • 抹茶
  • あまおう苺
  • みきゃん
  • ダークみきゃん

どの味にしようか迷ってしまいますね…1つずつ紹介していきます!

一六タルト「柚子」

一切れ一六タルト「柚子」118円

愛媛タルト,一六タルト

一切れ一六タルト「柚子」はたくさん種類のある一六のタルトの中で一番オーソドックスなタイプのタルトです。

『珈琲・和菓子アワード2016 グランプリ大賞』を受賞した経緯もあります。

他のタルトと比較するとカステラ生地の色が白く、餡の黒色とのコントラストがはっきりとしており、見た目の綺麗なです。

愛媛タルト,一六タルト

一六のタルトはしっとりとした生地が特徴的。

焼き上がったスポンジをたたいてガスを抜くことで、きめ細かく柔らかな状態を作ることができるんだそう。餡子のキメも細かく高級感を感じました。

一六タルト

一六タルト「抹茶」

一切れ一六タルト「抹茶」129円

愛媛タルト,抹茶タルト,一六

抹茶味のタルトは、生地も餡もみどり色をしています。生地だけでなく餡にも八女抹茶が入っており、抹茶の風味・香りを楽しむ事のできるタルトです。

愛媛タルト,抹茶タルト,一六

抹茶味だけあって他のタルトと比較して甘みは控えめに感じました。抹茶の風味は思ったほど感じなかったです。

愛媛タルト,抹茶タルト,一六

一六タルト「あまおう苺」

ひと切れ一六タルト「あまおう苺」1個140円

愛媛タルト,あまおう苺,一六

「あまおう苺」はこの春期間限定で発売されている、最新の一六タルトのようです。

今回購入した中でも一つだけ生地が真っ白で並べた時にひときわ目立っていました。

愛媛タルト,あまおう苺,一六

餡も鮮やかなピンク色で春らしくてかわいい♡女性へのお土産に喜ばれそうですね。

愛媛タルト,あまおう苺,一六

白いカステラはミルクの様な味がしました。餡はいちごの甘みが洋菓子の様でとってもおいしい!甘すぎない生地がいちごの餡とぴったりマッチしていました。

一六タルト「みきゃん」

昨年(2017年)9月から一六タルトにとってもかわいい新しいタルトが発売されていたのをご存知でしょうか?

愛媛県のイメージアップキャラクター「みきゃん」と「ダークみきゃん」のタルトです!

みきゃんタルト,ダークみきゃんタルト

大きくキャラクターの書いてあるパッケージがとってもかわいいですね!

ひと切れ一六タルト「みきゃん」151円

みきゃんタルト,一六

みきゃんタルトは名前の通りみかん味のタルトです。オレンジ色をしカステラ生地にオレンジ色の餡が入っています。

みきゃんタルト,一六

オレンジ色のカステラ生地はほんのりみかんの味がします!餡子も爽やかな柑橘の風味で中にはつぶつぶした伊予柑果皮が入っており食感が楽しいです。

みかん味のお菓子は大体おいしくないので、覚悟して食べたけどおいしかったw

みきゃんタルト,一六

タルト×みかん×みきゃんで愛媛県らしさのいっぱい詰まったタルトですね。

一六タルト「ダークみきゃん」

ひと切れ一六タルト「ダークみきゃん」151円

ダークみきゃんタルト,一六

ダークみきゃんタルトは緑色をした抹茶生地のカステラの中に柑橘風味のチョコが詰まっています。見た目は「抹茶」とあまり変わりません。

ダークみきゃんタルト,一六
抹茶タルト,ダークみきゃんタルト

左:抹茶 右:ダークみきゃん

味も「チョコ味」となっており、カステラの抹茶味よりもチョコの味が強いタルトでした。チョコは時々爽やかな柑橘の風味を感じる事ができます。

ダークみきゃんタルト,一六

『抹茶×チョコ×みかん』という珍しい組み合わせのタルトで、未体験な味を楽しみながら食べる事ができました。

柑橘の爽やかさとチョコの甘さのバランスが取れたタルトです。

 

みきゃんとダークみきゃんのタルトは見た目がかわいいのでもらった方も喜んでくれそうですね。

2つのタルトを一緒に楽しめる、ラッピングも可愛いセットがありました。3個入りでお値段540円!お値段もちょっとした友達や職場の同僚のお土産に良い値段です!

ハタダ

ハタダは1933年に創業された愛媛県新居浜市に本社を置く製菓メーカーです。

愛媛県民御用達のお菓子メーカーで県内のいたる所にハタダの店舗を見かけます。ハタダの公式サイトで確認してみたところ愛媛県内で36店舗もお店があるようでした。

ハタダのタルトの特徴は栗が入っているという事です。他のメーカーでも栗の入ったタルトはいくつかありますが、タルトに栗を入れたのはハタダが最初と言われています。

また、「モンドセレクション」を連続受賞で受賞しているタルトとして有名です。(2017年でモンドセレクション27年間連続入賞)

ハタダはタルトの他にも『鳴門金時ポテト』や『どら一』など数々の人気商品を出品しています。

栗タルト

ハタダ一切れ栗タルト1個98円

ハタダ栗タルト

ハタダの『栗タルト』には小さく刻まれた栗がたくさん入っています。

ハタダ栗タルト

食べた時の栗のツブツブとした食感が面白く、栗を噛んだ瞬間に柚子の風味が口の中に広がります。

ハタダ栗タルト

カステラ生地は一六と六時屋の中間(しっとりとふわふわの中間)という感じでした。

ハタダの栗タルトはモンドセレクション10年連続金賞受賞をしています。

御栗タルト

ハタダ一口御栗タルト1個185円

ハタダ御栗タルト

御栗タルト(おんくりタルト)はタルトの中に大粒栗が丸ごと一粒ずつ入っているタルトです。

ハタダ御栗タルト

大きな栗が存在感を放つ、とっても豪華なタルトです。インパクトがあるのでお土産やギフトとしても良さそうですよね。特に栗好きな方にとってはぴったりです。

ハタダ御栗タルト

御栗タルトは2017年、モンドセレクション12年連続金賞受賞をしています。また1988年には全国菓子博覧会最高位「名誉総裁賞」を受賞した事もあるそうです。

六時屋

六時屋は1933年創業の老舗和菓子店です。一六やハタダと比べると店舗は少ないですが、お土産物売り場には必ずと言っていいほど置かれている有名なタルトです。

六時屋のタルトは1953年に松山で第8回国民体育大会が開催された際、昭和天皇・皇后両陛下に御用命を賜ったという味が自慢です。

六時屋タルト

六時屋タルト1個118円

愛媛タルト,六時屋

六時屋のタルトは見た目からもわかるようにカステラの生地がふわふわしています。

愛媛タルト,六時屋

食べるとカステラがふわっと口の中で溶ける感じで餡子の風味を強く感じるタルトです。

柚子の風味をした餡子という事ですが、食べた感じ他のタルトよりも柚子の風味は感じませんでした。

愛媛タルト,六時屋

うつぼ屋

うつぼ屋は1954年に創業された愛媛県松山市の和菓子店。店舗は松山市平井街にある本店と高島屋の店舗の2店のみですが、お土産物売り場ではよくうつぼ屋のお菓子を見かけるメジャーなメーカーです。

愛媛県民としては、うつぼ屋と聞いてまず思いつくのが『坊っちゃん団子』ですがタルトも出品しています。

姫タルト

姫タルト1本410円

うつぼ屋,姫タルト

タルトを小包装で販売しているメーカーも多いですが、うつぼ屋の姫タルトは残念ながら小包装はありません。せっかくなので1本購入してみました。

ぱっと見て1本繋がっていそうですが、あらかじめカットされているので食べる時にナイフで切らなくても簡単に食べる事ができますよ。

うつぼ屋,姫タルト

姫タルトの特徴はまず他のタルトと比較して小さいという事!一般のタルトの2/3ほどの大きさです。

測ってみると通常のタルトのサイズが縦6cm×横7cmだったのに対して、うつぼ屋のタルトは縦3.5cm×横5cmでした。

うつぼ屋,姫タルト,大きさ

左:一般的なタルト 右:うつぼ屋姫タルト

姫タルトは一切れにするとこんな感じ。小ぶりですがカットは厚切りで食べ応えがありますよ。

うつぼ屋,姫タルト

厚切りで餡子がたっぷり!

カステラ生地はふわふわで六時屋の食感・味と似ている気がしました。

餡からはほんとり柚子の香り。ところどころに小さい柚子の粒(ピューレ?)が入っているのでそれを噛んだ時、更に柚子の風味が口の中に広がります。

うつぼ屋,姫タルト

亀井製菓

亀井製菓は1963年に創業された愛媛県松山市に本社を置く菓子メーカーです。

私が今回行った高島屋の売り場には亀井製菓の店舗はありませんでしたが、サービスエリアや空港などのお土産物売り場ではよく見かける人気のメーカーです。

亀井製菓もうつぼ屋と同じく坊っちゃん団子で有名なメーカーですが、タルトの販売もしています。

今回購入したスーパーではノーマルな『栗タルト』と『伊予柑タルト』が販売していましたが、他にもタルトの種類は栗・鳴門金時・抹茶・希少糖入り和三盆などの種類のタルトを発売しています。

栗タルト 1個

亀井製菓,栗タルト

亀井製菓の栗タルトは購入したタルトの中で一番カステラ生地のしっとり感がありました。しっとりというかねっとりといってもいいくらい?坊っちゃん団子のねっとりした感じとちょっと似てるかなと思いました。

亀井製菓,栗タルト

中に入っている栗は小ぶりで1粒のみ。しっとりした生地が餡子とよくまとまっておいしかったです。

亀井製菓,栗タルト

いよかんタルト 1個

亀井製菓,伊予柑タルト

伊予柑タルトは伊予柑味のタルトです。生地や餡子は伊予柑味というわけではなく通常のタルトと同様です。タルトの中にはなにやら四角いものが1つ…?

亀井製菓,伊予柑タルト

四角いものの正体は伊予柑味の羊羹でした!柑橘系の爽やかな味でおいしかったです。カステラ生地や餡子はノーマルなタルトの味と変わりませんでした。

亀井製菓,伊予柑タルト

あわしま堂

あわしま堂愛媛県八幡浜市保内町に本社のあるお菓子屋さんです。

あわしま堂のタルトはお土産もの売り場というよりもよくスーパーとかに売ってあり、お土産というよりも愛媛県民のおやつ的な感覚で食べられているイメージです。今回も近くのスーパーフジで購入しました。

あわしま堂のタルトは4つの種類があります。

  • 小豆こし餡
  • 栗粒入り
  • 抹茶タルト
  • 桜タルト

その中で今回行ったスーパーに置いてあったのは『栗粒入り』のみでした。(多分八幡浜のスーパーならもっと売っていると思うのですが…)

栗粒入りタルト

栗粒入りタルト 1個

あわしま堂,栗粒入りタルト あわしま堂,栗粒入りタルト

まず、あわしま堂のタルトの特徴はこの厚さです!他のタルトと比較してかなり厚みがあります。あわしま堂,栗粒入りタルト,暑さ

ボリューミーでコストパフォーマンスが良いタルトです。

ハタダや亀井製菓のタルトと同じく栗の粒が入っています。栗粒はやや大きめ食感は固め。ハタダのタルトと同じく噛むと柚子風味が口の中に広がる栗です。

カステラ生地はしっとりとふわふわの中間くらいでハタダの生地の感じに近い感じがしました。カステラというよりもパンっぽい感覚の生地です。

あわしま堂,栗粒入りタルト

あわしま堂のタルトもおいしいのですが、辛口で言うと他のタルトと比較してちょっと味が劣るかなと言う感じでした。甘さが強く餡の風味が少なかったです。

サカエヤ

愛媛タルトは他にも愛媛各地方の色々なメーカーや和菓子店から出品されています。それぞれの店舗や道の駅などで売っている事が多いです。

今回、まつちかタウンのアンテナショップにめずらしいタルトが売っていたのでご紹介いたします。

サカエヤのタルト 1本287円

サカエヤ,愛媛タルト

愛媛愛南町「サカエヤ」というお菓子メーカーのタルトです。

1本300円以内とかなりコスパの良いタルト!姫タルトは1本400円ですが、それよりも大きかったです。

サカエヤ,愛媛タルト,大きさ

左:サカエヤ 右:うつぼ屋

サカエヤのタルトは他のタルトと比較すると餡の色が比較的薄いです。良くみるとこし餡ではなく白あん…?白あんの甘みは強めでした。

サカエヤ,愛媛タルト

タルトの生地はしっとり感が少なくカステラというかパンっぽい感じです。お土産というよりはおやつ感覚で食べるタルトかなと感じました。

サカエヤ,愛媛タルト

時代とともに変化するタルト

はじめにも書いた通り「愛媛県菓子工業組合のタルト部会の組合員の店」は「タルト」として商品の出品が許されているので、今回紹介したメーカー以外にもたくさんのメーカーが「タルト」を出品されています。

互いのメーカーが競い合い「タルト」おいしさを追求しているからこそ、味や品質が常に向上し続けているのでしょうね…。

タルトの種類はたくさんあって私も把握しきれていません…各地方の道の駅とかによく売っているので、見つけ次第また追記していきますね。

タルトのキャラクターもいる

お土産のお菓子にぴったりなタルトですが、実はタルトのキャラクターもいるんですよ。

じゃん!タルト人です!

ゆるキャラっぽくって可愛くないですか…?(可愛いと言って。)愛媛県在住のデザイナーによって作られたキャラクターです。

タルト星人のコンセプト↓

世界征服を目標とした伊予弁で話す宇宙人。
生地(白)と餡(黒)の反転した影バージョンも存在する。

愛媛県のキャラとしてはみきゃんやバリィさんが有名ではありますが、タルトのキャラクターもいますので、旅行に来られた際はお土産売り場を探してみてくださいね。

おわりに

愛媛県民にとってはタルトとはカステラに餡子が巻かれた『の』の字がトレードマークのお菓子です。

県民も把握しきれていないほどたくさんのメーカーがタルトを出品しており、タルトはまさに愛媛県民のソウルフードと言っても過言ではないど思います!

愛媛県以外では出品できないのでお土産にもぴったりです。もしお土産に購入される際は今回ご紹介した『【愛媛タルトの種類】各タルトメーカーと商品』の記事を参考にしてみてください。

今回の記事でみなさんが少しでも愛媛のタルトについて知って頂ければ幸いです。

 

あわせて読みたい

【愛媛タルトの比較】おすすめタルトメーカー6つのランキング♫

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ポチっと応援していただけると嬉しいです!

よかったらシェアしてくださいね!

コメントを残す