【坊っちゃん団子@愛媛】食べ比べて比較してみた!おいしいのはどれ?

こんにちは!愛媛県在住主婦ブロガーのタマです!

愛媛のお土産、愛媛のお菓子といえば「坊っちゃん団子」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

産まれも育ちも愛媛県の私も、坊っちゃん団子は大好きで自分のために時々買って食べたりもしています。

でもその坊っちゃん団子、いろいろなメーカーが出しているんです。

「坊っちゃん団子、各メーカーを食べ比べてみたらどうなんだろう?」

前々からそう思っていたので、今回は各メーカーの坊っちゃん団子を購入・試食して比較してみる事にしました。

その結果『坊っちゃん団子は各メーカーの味や特徴の差が少ない(全部似ている)』という結果になったのですが…それに至るまでの経緯を書いていこうと思います。

坊っちゃん団子について知りたい方は是非今回の記事をご覧になってくださいね。

坊っちゃん団子ってどんなお菓子?

坊っちゃん団子は地元民の私もおいしいと思う愛媛県の代表的なお土産です。もちもちのお餅が滑らかなたっぷりの餡子で包まれており、とってもおいしいんですよ。

観光地の道後温泉はもちろん、空港や商店街、スーパーなどいろいろなところで売られていいます。

坊っちゃん団子は餡子でお餅が包まれたお団子が3つ連なって串に刺されており、3つのお団子の色は3色異なり、それぞれ違った味をしています。

坊っちゃん団子の色と味

愛媛,坊っちゃん団子
  • 緑色は抹茶味の餡子です。やや甘みが少ないく、お茶の風味がします。
  • 黄色は卵黄味の餡子です。やららかい食感で甘みのあるほんのりさりげない卵味です。
  • 黒(茶)黒色は小倉味の餡子です。オーソドックスで上品なこし餡の味がします。

緑・黄・黒の色が鮮やかで見た目もかわいいし、色々な味が楽しめるお土産にもぴったりなお菓子なんですよ。

\愛媛のお土産にタルトもどうぞ!/

あわせて読みたい

【愛媛タルトの比較】おすすめタルトメーカー6つのランキング♫

坊っちゃん団子の歴史

愛媛,夏目漱石

「大変うまいと云う評判だから、温泉に行った帰りがけに一寸食ってみた」

言わずと知れた愛媛県を舞台とした夏目漱石の小説「坊っちゃん」に上記のような一文があるのをご存知でしょうか?

「坊っちゃん団子」の名前は小説「坊っちゃん」の世界観をイメージしてつけれました。

この小説の中で食べたとされる坊っちゃん団子は『つぼや菓子舗』の『湯晒し団子』と呼ばれたものがモデルになっており、夏目漱石が松山に赴任していた頃によくこの団子を食べていたそうです。

当時の「湯晒し団子」は赤餡と白餡の団子を三つ串にさしたものでしたが時代とともに変化して現在の緑・黄・黒、3色の坊っちゃん団子になりました。坊っちゃん団子と呼ばるようになったのは昭和に入ってからと言われています。

1999年『だんご3兄弟』という歌が大ヒットしたのを覚えていますか?3色の団子が仲良く並んでいる坊っちゃん団子が、歌の中の『だんご3兄弟』をイメージさせるという事で当時大ヒットしたという歴史もあります。

懐かしいっ!↓

もちろん現在でも坊っちゃん団子は昔から変わらず愛媛県民のおやつやお土産として人気のお菓子です。

各メーカーの坊っちゃん団子を比較

私は愛媛で産まれ育ち、坊っちゃん団子も好きで個人的に購入してよく食べたりもしていましたが…実は各メーカーの違いがをそれほどわからないまま食べていました。

そのため、「これを機会に比較してみよう!」坊っちゃん団子で有名な各メーカー3社の商品をいっぺんに食べてみることにしました!

愛媛,坊っちゃん団子,比較

今回はうつぼ屋・亀井製菓・一六本舗3つのメーカーの坊っちゃん団子を購入してみました。

パッケージを切って並べてみます。

坊っちゃん団子,比較

・・・・。

 

ぜ…全部似てる…。

 

大きさは見た目はほとんど同じです。ちょっと気をぬくとどれがどのメーカーの坊っちゃん団子かわからなくなってしまいそうなほど(汗)

坊っちゃん団子,比較

左:うつぼ屋 中:一六 右:亀井製菓

見た目で違うと言えばうつぼ屋の坊っちゃん団子は色が濃く、亀井製菓の坊っちゃん団子は色が薄かったです。

大きさはほぼ違いを感じませでしたが…一六本舗の坊っちゃん団子が若干一粒の団が大きいように感じました。

各メーカー味に違いはあるのでしょうか…?

うつぼ屋の坊っちゃん団子

うつぼ屋は1954年に創業された愛媛県松山市の和菓子店です。

梅ヶしょうゆ餅、タルトやどら焼きなど様々なお菓子を出品しているお菓子メーカーですが、うつぼ屋で有名なのはやっぱり『坊っちゃん団子』!

店舗の外観も坊っちゃん団子感が満載です。


うつぼ屋の店舗は松山市平井街にある本店と高島屋の店舗の2店のみですが、お土産物売り場では必ずと言っていいほどうつぼ屋の坊っちゃん団子が販売されているメジャーな坊っちゃん団子メーカになります。

うつぼ屋坊っちゃん団子 1本  価格108円

坊っちゃん団子,うつぼ屋

うつぼ屋の坊っちゃん団子は老舗らしくレトロでシンプルなパッケージです。坊っちゃん団子のモデルとなった小説『坊っちゃん』の作者、夏目漱石の写真がプリントされています。

坊っちゃん団子,うつぼ屋

まず、うつぼ屋の坊っちゃん団子は他の団子と比べて見た目が鮮やか!特に卵味の黄色いお団子は目立っていて見た目が綺麗なお団子でした。

坊っちゃん団子,うつぼ屋 坊っちゃん団子,うつぼ屋

「食感がもちもち〜!中のお餅がおいしい!」

団子はもちもちとた食感が特徴的でした。また、中に入っているお餅に味がしっかりとついており甘くておいしかったです。

うつぼ屋の坊っちゃん団子は1本入りでも販売されていますが、他にも5本入(594円)、10本入(1188円)もあります。うつぼ屋のタルト『姫タルト』も有名でタルトと一緒に入っている商品もあるんですよ。

うつぼ屋の坊っちゃん団子の賞味期限は製造日より15日です。

亀井製菓の坊っちゃん団子

亀井製菓は1963年に創業された愛媛県松山市に本社を置く菓子メーカーです。

うつぼ屋と同じく会社の名前を聞いてまず坊っちゃん団子が思いつくほど、『亀井製菓といえば坊っちゃん団子』のイメージがあります。

亀井製菓の坊っちゃん団子は平成25年の第26回全国菓子第博覧会では最高位の名誉総裁賞を受賞しています。

坊っちゃん団子(2本入り)価格173円

坊っちゃん団子,亀井製菓

亀井製菓の坊っちゃん団子は1個の個包装はなく、2個入りのみ販売されていました。2本入りで173円なので1本あたりの値段を換算すると約87円

包装にかかる費用が節約される分なのか、他の坊っちゃん団子よりも1本あたりのお値段がお安くなっています。

パッケージは透明になっており中の坊っちゃん団子が見えています。

坊っちゃん団子,亀井製菓

団子の3色は他のメーカーと比較すると薄い色をしています。

坊っちゃん団子,亀井製菓 坊っちゃん団子,亀井製菓

「しっとり感があって口の中にじわっと甘みが広がる〜!」

食感はうつぼ屋のお団子ととっても似ていて正直よく違いがわからないほどでしたが…亀井製菓の団子の方がしっとりしている感じがしました。

中のお餅の量に違いはあるのかな?と思って一応切って確認してみましたが、見た感じほとんど違いは感じません…でも亀井製菓のお餅の量は若干多いように感じます。

坊っちゃん団子,比較

ちなみに亀井製菓のタルトも同様に、他メーカーと比較してしっとりねっとり感を感じたのでお菓子にしっとり感があるのは亀井製菓の特徴になるのかもしれません。

亀井製菓の坊っちゃん団子の賞味期限は約45日です。

亀井製菓は坊っちゃん団子やタルトで有名ですが、最近『みきゃんロール』という新商品も発売していた様です…!

一六本舗の坊っちゃん団子

一六本舗は1883年創業の、松山市でも代表的な老舗菓子店です。県内でも数多くの店舗があり、公式サイトで確認すると現在愛媛県内で27店舗ものお店が営業していました。

一六本舗からはたくさんのお菓子が出品されて、特に有名なのは『一六タルト』ですが、坊っちゃん団子も販売しています。

坊っちゃんだんご1本 価格108円

坊っちゃん団子,一六

パステルカラーで坊ちゃんのイラストが描かれたバッケージがとってもかわいいですね。イラストレーターで風刺漫画家の山藤章二氏の作品が採用されているそうです。

坊っちゃん団子,一六

先ほども書いた様に一六本舗の坊っちゃん団子は他のメーカーと比較してごく若干一粒が大きく感じました。

坊っちゃん団子,一六 坊っちゃん団子,一六

「餡子の味がしっかりついてておいしいっ!」

また、外側の餡子の味を強く感じました。特に黄色い団子の卵味は他のメーカーと比べてはっきりとしていました。一六本舗のホームページを確認したところ風味を良くするために卵黄をふんだんに使っているそうです。

3つの餡子それぞれの味の違いも一六本舗の坊っちゃん団子が一番はっきりとしていました。

また、餡子は他のメーカーよりももっちり感が少なく食べ応えのあるしっかりとした食感です。

マドンナだんご 1本108円

マドンナ団子,一六

一六からは坊っちゃん団子の味違いで、マドンナ団子という商品も発売されています。

マドンナ団子は2006年に夏目漱石の小説『坊っちゃん』が世に出てちょうど百年を迎えるのを記念し、小説の中の登場人物マドンナをイメージして作られました。

坊っちゃん団子と色違いのようなパッケージになっており、小説『坊ちゃん』に登場する『マドンナ』が描かれてあります。

マドンナ団子,一六

団子は坊っちゃん団子と同じく3色違った色をしており、そらぞれ違った味をしています。

マドンナ団子,一六

マドンナ団子の色と味

  • ピンク:イチゴ味
  • 白:ミルク味
  • 黄土色:カフェオレ味

マドンナというだけあって女性らしい味のお団子ですね!

マドンナ団子,一六

「餡子だけど味は洋菓子みたい〜!おもしろい!」

マドンナ団子は坊っちゃん団子よりもそれぞれの餡子の味をはっきり感じました。イチゴ、ミルク、カフェオレという洋風な味をした餡子は和菓子なのに洋菓子の様で食べていておもしろかったです!

坊っちゃん団子はお茶と合いそうですがマドンナ団子はコーヒーと合いそうな感じのおしゃれな味でした。

カロリーは1個、99kcalです。

一六本舗の坊っちゃん団子・マドンナ団子の賞味期限は約14日間です。

 

一六の商品は種類も多くてみんなおいしく特に『一六タルト』はおすすめ!一六のお菓子が気になった方は色々試せる詰め合わせをまず試してみるのがいいかもしれません。タルトも坊っちゃん団子も入って送料無料です。

比較のまとめ

坊っちゃん団子,マドンナ団子

さいごに、今回坊っちゃん団子を比較してみて感じた違いをまとめてみますね!

見た目の違い

  • うつぼ屋の坊っちゃん団子は色鮮やかで、亀井製菓の坊っちゃん団子は色が薄い
  • 大きさは各メーカーほぼ変わらないが、若干一六本舗の団子が大きく感じた
味の違い

  • うつぼ屋お餅の味がしっかりついてもっちりとした食感
  • 亀井製菓うつぼ屋と味が似ているがうつぼ屋よりもお餅感が強い
  • 一六本舗少し大きめ餡子の味が強い

賞味期限:うつぼ屋15日、一六本舗14日で、亀井製菓は約45日と一番賞味期限が長い!

 

上記の様に微妙な各メーカー微妙な違いはありましたが…冒頭にも書いた通り、総合的には各メーカーの味や特徴の差が少ない(全部似ている)と感じました。

個人的に好みのメーカーをランキングにしてみると1位うつぼ屋、2位亀井製菓、3位一六本舗です。理由は『中のお餅に味がついていてもっちりとした食感の方が坊っちゃん団子らしさを感じるから』

一六の坊っちゃん団子もとっても美味しいですが…お餅よりも餡子が主役という感じがしたので。餡子好きな方は一六の坊っちゃん団子がおすすめかもしれません。

味の好みによって好きな団子は変わってきそうなので気になった方は食べ比べしてみてはいかがでしょうか?

おわりに

坊っちゃん団子の柔らかくもっちりとした食感が好きで昔から個人的にもよく買ってしまうほど好きなお菓子です。

見た目も鮮やかで可愛いので他県から来られた方のお土産にもぴったりだと思います。

今回の記事で少しでの多くの方に愛媛の銘菓『坊っちゃん団子』の事を知って頂ければ幸いです!

 

あわせて読みたい

【愛媛タルトの比較】おすすめタルトメーカー6つのランキング♫

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ポチっと応援していただけると嬉しいです!

よかったらシェアしてくださいね!

コメントを残す