【真穴みかん】通販でも購入できる甘くておいしいみかんです!

こんにちは!愛媛県在住主婦ブロガーのタマです!

みなさん、寒い日が続きますね〜。

冬に食べるものといえば、やっぱりコタツでみかん!

どうせ食べるならおいしいみかんが食べたい!と思っている方…

「真穴みかん」がとっても甘くてジューシーでおすすめですよ!

「真穴みかん」はみかんで有名な愛媛県の中でも人気の高い温州みかんブランドです。

以前「真穴みかんで有名な「真穴地区」ってどんなところ?」という記事で私の出身地真穴地区の事を書きましたが、今回は真穴みかんについて詳しくご紹介いたします。

真穴みかんについて気になる方、おいしいみかんが食べたいと思っている方は是非ご覧になってみてくださいね。

実家から真穴みかんが届いた!

今日、実家からみかんが届きました!

真穴みかんがどーんとたくさん!

真穴みかん

実家からはいつも出荷できなかった規格外の小さいみかんをもらうので、ちょっとサイズが小ぶりです。

真穴みかん

でも、小さい方がおいしさが詰まっておいしいんですよ!

私は昔から、小さいみかんばっかり選んで食べていました。

真穴みかんを食べてみる

まず、真穴みかんを切ってみて断面を見てみましょう。

真穴みかん,断面

みかんの一粒一粒が小さくて舌触りがとってもなめらかです。

真穴みかん,断面

比較するものがないのが残念ですが…みかんのオレンジ色もとっても濃くって見ただけで濃厚なのでわかります。

特徴的なのは「皮が薄く皮と実の間がぴったり詰まっている」って事!

皮が薄い分栄養が最大限にみかんの身に注がれているって事なんですね。

次はむいてみます。

真穴みかん,皮

やっぱり皮が薄いですね!

あと、みなさん、このみかんの白い筋、とっていませんか?

真穴みかん

筋には栄養がたっぷりあるのでできれば取らずに食べてくださいね。

「でも、筋取らないとおいしくないし〜!」って方。

それはもしかしていつも「筋が太くておいしくないみかん」を食べていませんか?

真穴みかんの白い筋とても細いので食べても気になりませんよ。

この小さいサイズのミカンは1歳の娘もお気に入りで筋や皮を取らなくてもおいしそうにパクパク食べてくれます。

真穴みかん

真穴みかんとは?

「そもそも真穴みかんなんて聞いた事ないんだけど!」

そんな方のためにご紹介しておきます。

真穴みかんは愛媛県八幡浜市にある真穴地区で育てられた温州みかんのブランドです。

過去に様々な賞を受賞した経緯もあります。

1949年、1951年、1957年に日園連主催の全国果樹品評会で農林大臣賞、1964年には全国初の優良みかん産地として第3回農業祭園芸部門で天皇杯を受賞しました。

みかん大国愛媛県内でも有名なみかんブランドで毎年どこのスーパーでも出回っているほど、県民にも愛されているみかんです。

ではなぜ真穴みかんはそんなにおいしいのでしょうか?

それは真穴地区の地形に秘密があるんですよ。

真穴みかんはなぜおいしいのか?

真穴みかんが育っている真穴地区はこんな感じの地形です。

真穴みかん,段々畑真穴みかん,段々畑

山のすぐ近くに海があって、石段で作られた段々畑に沿ってみかんの木が植えられています。

真穴みかん,段々畑

この特殊な地形によって、真穴みかんは「3つの太陽」を浴びて育つ事ができます。

3つの太陽とは一体どんなものかと言いますと…「本来の太陽」に加えて、「海からの反射光」「段々畑の石段からの反射光」が加わり、通常1つの太陽が真穴では3つになると言われているのです。

たくさんの日の光を浴びて育ったみかんはおいしいに違いありません!

真穴みかんの通販

真穴みかんは通販もしているので、気になった方は是非一度食べてみてくださいね。

「ひなの里」はちょっといいランクの真穴みかん!

ご自宅用にはもちろん化粧箱入りで高級感があるのでギフトにもどうぞ!

ひなの里以外の通常の真穴みかんでも十分おいしいです!でも現在旬の時期が終わりかけなので、通販は私が確認した限りほぼ品切れになってしまいました。
缶詰とかは年中いただけるのですが…汗
純粋な真穴地区のみかんではありませんが、ほぼ同一地域の西宇和で育てられたみかんは現在も販売されていましたよ。
今回の記事でも紹介しましたが小玉みかんはとってもおいしいです!お試しで購入したい方は3〜6kg。

ご家庭用でたくさん食べたい方は12kgくらいがいいかもしれません。

真穴みかんの収穫時期は毎年11〜12月くらいにピークを迎えて、シーズンを過ぎると販売をしていない事が多いと思います。

もし食べてみたい方はまた今年の年末、お早めに購入するようにしてくださいね。

真穴みかんの保管方法

通販で購入される方は一度に5〜15Kgとかみかんの量が多くなると思います。

みかんはダメになりやすい果物なので保管方法には気をつけてくださいね!

みかん農家直伝のみかんの保管方法をご紹介いたします。

風通しのよい場所に

みかんはなるべく風通しのよい場所に置くようにすると長持ちします。

暖かい場所に置いて置くとすぐに汗をかく(表面に水分が出てくる)ので風通しが悪いとダメになりやすいです。

少量ずつ分けてネットや穴の空いたカゴの中に入れて置くといいですね。

みかん農家ではこんな網目のあるコンテナの中に保管しています。

真穴みかん,コンテナ

みかんを時々転がす

みかんは割と柔らかいですよね。

ダンボールの中でずっと位置が変わらないと、同じ部分ばかりが圧迫されてそこから痛みやすいんです。

なので、時々手で転がしてあげるようにしましょう。

そうするとみかんにかかる圧が分散されて長持ちするようになります。

傷んだみかんはすぐに捨てる

傷んだみかん(腐ったみかん)をそのままにして置くと、もちろん他のみかんも傷みやすくなります。

時々転がした時に傷んだみかんを見つけたらすぐに捨てるようにしましょう。

みかんは一度ダメになると劣化が進むのが早いです。

痛みの程度はそれぞれですが、ちょっと傷んでいるものも早めに処理しておいた方が良いかもしれません。

表面が茶色く点になって茶色の部分がブヨブヨしているみかんはありませか?

茶色の部分は不味くてそこからすぐに痛む可能性があるので早めに綺麗なみかんと選り分けて置くようにしましょう。

放置して置くと、みかんがブヨブヨの緑色になってみるも無残なものになります。

もし、通販などでみかんを大量に購入された場合はみかんが長持ちする保管方法を試して見てくださいね。

真穴みかんが全国放送で紹介された!

今年(2017年)、12月6日に全国放送の目覚ましテレビ内で真穴みかんが紹介されました!

真穴みかん,全国放送

しかも生中継で実際の目覚ましテレビのアナウンサー(藤井アナ)が真穴まではるばる来て頂たようでした。

真穴みかん,全国放送

真穴みかんが全国的に有名になってくれる事は地元民としてはと嬉しい限りです。

おまけ

真穴みかんは温州みかんのブランドで10月末〜12月末頃に収穫期を迎えるため、シーズン以外は販売していない事が多いです。

一口で「みかん」と言っても色々なブランドがあって、収穫期や旬の時期も様々です。

愛媛県には真穴みかんの他にも「媛まどんな」や「はれひめ」など色々な種類のみかんがあります。

どれも真穴地区の様に、瀬戸内海近くの温暖気候の中で育てられたおみかんばかりです。

愛媛のみかんはとってもおいしいんですよ!

今の時期からでいうとポンカンがおすすめ!さっぱりしてて個人的には温州みかんより味が好みです。

おいしい愛媛みかんを通販で購入できるサイトはこちら↓

 

おわりに

私は小さい頃からずっと真穴みかんを食べて育ってきました。なので、もう他のみかんは食べる事ができません。

他県の方になんとなく実家から送られてきたみかんをおすそ分けしてみると、みんなおいしさに驚きます。

毎年真穴みかんのリピーターになってくれる方も多いんです。

愛する地元のみかんを少しでも世の中の人々に知って頂きたいと今回の記事を書きました。

みかんが好きな方はもちろん、みかんなんてどうでもいいという方も、真穴みかんを食べた事がない方は是非一度食べてみてくださいね。



最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ポチっと応援していただけると嬉しいです!

よかったらシェアしてくださいね!

コメントを残す