【大和屋ベビーチェアー3種】違いを徹底比較!我が家は『すくすくチェアスリムプラス』を買いました!

スポンサードリンク
大和屋のベビーチェアが欲しいけど、色々種類があって悩むなぁ…どのベビーチェアがおすすめなんだろう?

今回の記事では、私が色々比較してベビーチェアーを『大和屋すくすくチェアスリムプラス』に決定した経緯と理由についてお話します。

こんにちは!2児の母、主婦ブロガーのタマです!

大和屋のベビーチェアーは良さそうでけど…種類がたくさんあってどれにすればいいのか悩みますよね。

私が最後まで悩んだ大和屋のベビーチェアーはこの3つ

  • すくすくチェアプラス
  • すくすくチェアスリムプラス
  • アッフルチェア

そして、3つの違いを比較して考え抜いた結果『大和屋すくすくチェアスリムプラス』を選びました!

とっても気に入ったので娘が生まれて買い足して現在スリムプラスが2つ。現在も4歳の息子と1歳半の娘がとても快適に使用しています♫

3つそれぞれに違った良さがありますが、我が家の様に『シンプル・コンパクト・安い』という点を重視したい方は『すくすくチェアスリムプラス』を購入すると間違いはずです!

ベビーチェアー選びで迷っているママは是非今回の記事をご覧になってくださいね。

大和屋のベビーチェアーがいい!と思った理由

 テーブル付きで大人の机が汚れない!

大和屋のベビーチェアーは種類にもよりますが…テーブル付きのものがほとんどです。

ベビーチェアーの中にはテーブルなしのハイチェアもありますよね。

テーブルなしのハイチェアーを購入した場合、赤ちゃんのご飯を大人と同じテーブルの上に置くことになりますが…

ドロドロのご飯のついた手であちこち触ってベトベト…

マグやお皿、スプーンやフォークでテーブルをガンガンガンガン!!!!

赤ちゃん

小さな怪獣…

気づいたら大人用のテーブルがめちゃくちゃになっているという事も多々(涙)

なので、ベビーチェアーはテーブルのついたものがベスト!

しかも大和屋のベビーチェアーはプラスチックではなく木製のテーブルなのでお手入れも簡単な上に丈夫です。

ハイチェアーの種類が豊富

あなたのご家庭はハイテーブルですか?ローテーブル(座卓)ですか?

大人が椅子に座ってハイテーブルで食事をする場合は、赤ちゃんもハイチェアーがいいですよね。

我が家は椅子に座って食事をとります。何度かローチェアーに座らせて子供だけ別に食べさせた事もありましたが『大人と同じがいい!』『そっちの椅子で食べたい!』とローチェアーは嫌がられてしまいました。

でも、ハイチェアーだと大人と同じテーブルで食べる事が出来るので、食事中もご機嫌に過ごせます。

大和屋は有名ベビーチェアーブランドでハイチェアーとローチァーどちらも販売していますが、特にハイチェアーの種類が豊富です。

公式サイトを確認して見たところ、大和屋には10種類ものハイチェアーがありました!

それぞれの好みに沿ったハイチェアーを選ぶ事ができます。

おしゃれだけどリーズナブルな価格!

大和屋のベビーチェアーは木製のおしゃれなデザインですが価格がリーズナブルです。

私は最後まで大和屋かストッケのトリップトラップかで悩みました。

ストッケは見た目はおしゃれで可愛いんですが、なんせ値段がお高い!

この椅子部分だけでも約3万円して、ウエストベルトやテーブルとか色々オプションもつけることができるんですが、そんな事してたら軽く4万円は越します。

  • ストッケ(トリップトラップ)約4万円
  • 大和屋(すくすくチェア)約1万5千円

大和屋とストッケを比べるとストッケのベビーチェアーの方が25000円も高いんです!

ストッケは確かにおしゃれではありますが、2万5千円あれば離乳食の可愛い食器も買えるしなぁ…新しいおしゃれな服も帰るしなぁ…

と、いう事でおしゃれだけどリーズナブル価格な大和屋のベビーチェアーに決めました。

【大和屋ベビーチェアー】すくすくチェアプラス・スリムプラス・アッフルチェアが最終候補!

大和屋のベビーチェアーを買おう!

と、思ったものの…大和屋のハイチェアは12種類もあるのでどれを買おうかとっても悩みます。

我が家がベビーチェアー選びで重視した点は先ほど書いた3点

ベビーチェアー選びで重視するポイント
  • テーブル付き
  • ハイチェアー
  • おしゃれだけどリーズナブル価格

上記のポイントを考慮した結果最終候補として3種類のベビーチェアーが上がりました!

大和屋ベビーチェアー最終候補
  • すくすくチェアプラス
  • すくすくチェアスリムプラス
  • アッフルチェア

我が家は最終的に『機能的・シンプル・コンパクト・安い』という点を重視して、『すくすくチェアスリムプラス』を購入しましたが、これから選ぶ方のために3つのベビーチェアーの違いをまとめてみますね!

【大和屋ベビーチェアー】すくすくチェアプラス・スリムプラス・アッフルチェアの違い

一番コンパクトは『すくすくチェアスリムプラス』の方が幅が狭い

すくすくチェアプラス・すくすくチェアスリムプラス・アッフルチェア…3種類のベビーチェアーは似ていますが大きさが違います。

特に置き場所で重視するのが『幅の広さ』だと思うので3種類の比較をしてみますね。

  • すくすくチェアプラス:53cm
  • すくすくチェアスリムプラス:47cm
  • アッフルチェア:49.5cm

一番コンパクトなのは『すくすくチェアスリムプラス』でした。

3つの中で一番幅の広い『すくすくチェア』と比較すると『すくすくチェアスリムプラス』の方が約6cm幅が狭いです。

大和屋,すくすくチェア

我が家は決して広いとは言えないので…ベビーチェアーを置くスペースが限られていても安心な『すくすくチェアスリムプラス』を選びました。

『すくすくチェアスリムプラス』は10歳まで

ベビーチェアーを選ぶ時には『対象年齢』にも注意です!

『すくすくチェアプラス』と『アッフルチェア』の対象年齢は「7歳〜大人まで」ですが、『すくすくチェアスリムプラス』は「7ヶ月〜10歳頃まで」となっています。

大和屋,すくすくチェア

大きくなってからもずっと同じ椅子を使って行きたい!

という方は『すくすくチェアプラス』か『アッフルチェア』をチョイスしてくださいね。

ちなみに、耐荷重は『すくすくチェアプラス』が約60kg、『アッフルチェア』が約70kg。

高さは『すくすくチェアプラス』が約805mm、『アッフルチェア』が約810mmと、アッフルチェアの方が丈夫で高さが高いので、より大人まで安心して使えるベビーチェアーです。

選べる色が違う

「すくすくチェアスリムプラス」「すくすくチェアプラス」「アッフルチェア」…3種類のベビーチェアーでは選べる色が違います。

すくすくチェアスリムプラスの選べるカラー3色です。

大和屋,すくすくチェア

すくすくチェアスリムプラス

すくすくチェアは6色のカラーから選ぶことができます。スリムプラスと比べて増える3色のカラーは「赤・白・イエロー」とちょっと個性的な色。

大和屋,すくすくチェア

すくすくチェアプラス

アッフルチェアーも6色ですが…パステルカラーでとっても可愛い!マカロンをイメージしたカラーバリエーションらしいですよ。

アッフルチェアー

個性を重視したい方はすくすくチェアプラスかアッフルチェアを選ぶといいかもしれませんね。

我が家は木製のナチュラルな色が良かったのですくすくチェアスリムプラスの3色で十分でした。

すくすくチェアとアッフルチェアではオプションが違うので注意

大和屋は大手ベビーチェアーブランドなのでオプションも充実しています。

子供が立ち上がるのが心配!

そんな方は「セーフチェアベルト」をつけると安心です。これで『椅子の上に立たないで!危ない!』を予防する事ができます。

木製のベビーチェアーは硬いので「お尻が痛い!」と子供が痛がる事も。そんな時は専用のシートを敷いて対応できます。

ちなみに、 我が家は自家製のクッションを敷いて対応しているのでこちら購入していません。

セーフベルトとシートクッションはすくすくチェアシリーズ・アッフルチェア、どちらでも取り付ける事が可能です。

アッフルチェアはシートクッションよりも、もっとふかふかなクッション『ハイシートクッション』をつける事ができます。

こちらはすくすくチェアシリーズにはつけることができません。

チェアクッションもすくすくチェアとアッフルチェアで対応している物が違います。

すくすくチェアのシートクッション↓

アッフルチェアのシートクッション↓

 こっちのオプションがつけたかった!と思っても後々変更できないので…注意してくださいね。

一番安いのは『すくすくチェアスリププラス』

3つのベビーチェアーの中で、価格が一番安いのは『すくすくチェアスリムプラス』です。

「すくすくチェアプラス」14500円(税別)

「すくすくチェアスリムプラス」13000円(税別)

「アッフルチェア」18000円(税別)

私はちょっとでも安く購入したいな〜と思ったので『すくすくチェアスリムプラス』を選びました。

★補足★

価格は【定価】を表記しました。アマゾンや楽天などでは定価よりちょっと安くなっていると思います。 

今回調べた中ではアマゾンの「大和屋 すくすくチェアスリムプラス スリムプラス テーブル付 ガード付 すくすくスリム すくすくチェア スリム (ナチュラル色 7501)」14040円(税込)が最安でした!

【大和屋すくすくチェアスリムプラス】おすすめポイント

我が家は「すくすくチェアプラス」「すくすくチェアスリムプラス」「アッフルチェア」の3つで悩んだ結果「すくすくチェアスリムプラス」を購入しました。

実際に「すくすくチェアスリムプラス」を4年間使用してみておすすめだと感じるポイントをご紹介していきますね。

足を入れるスペースが広い

ベビーチェアーの口コミを見ていると…「足を入れるときに痛い」とか「またの部分がきつそう」という声もあり、サイズが心配でした。

子供はどんどん大きくなってくるし、せっかく買うからには長く使いたいですからね。

スリムプラスは『スリム』というだけあって足の部分が狭いかも…と心配でしたが、

全くきつくありませんでした!

1歳半の娘が座った時の写真を載せておきますね↓

大和屋,すくすくチェア

横からの写真も

大和屋,すくすくチェア

すくすくチェアスリムプラスは通常のタイプよりも幅が狭くなっていますが、それでも写真くらいのゆとりを感じます。

2人目の子供はもうすぐ4歳になりますが、ガードを付けていてもきつく感じません。

大和屋のすくすくチェアーは「足の部分にゆとりがある」という口コミが多かったので購入しまいたが、その通りで安心しました。

しかも、最近改良されて、太ももの当たる部分が波型にカットなっていました!

改良前のすくすくチェア↓

大和屋,すくすくチェア

改良後のすくすくチェア↓

大和屋,すくすくチェア

私が購入したすくすくチェアよりも、更に足元にゆとりがあるはずです。

安定感がある

大和屋のすくすくチェアは椅子に適度な重みがあり、物もしっかりとしているのですごく安定感があるんです。

息子は確か2歳くらいから自分で乗り降りしていますが…

一度も倒れた事はありません。

安定感があり子供が自分で椅子に乗ることも可能ですが、倒れてしまう危険性もあるので「急いで登らないように」など子供に説明して十分注意してくださいね。

我が家の椅子は数面前に購入したものなので、このプラスチックの部分(スタビライザー)がついていますが、現在はなくなっているようです。

大和屋,すくすくチェア

この白い部分はなくなっても、椅子の足の部分に滑り止めがついているので安定感があるのは変わらないらしいです。

私が購入した当時の商品でも安定感には満足していたので、リニューアルして更に使いやすくなっていると思います。

木製ガードでお手入れ簡単!

赤ちゃんがずり落ちない様にするためのガード部分が布ベルトのベビーチェアーもありますよね?

例えば『大和屋すくすくチェア』と似ている商品で、カトージの『プレミアムベビーチェア』という商品があってこちらは布ベルトでした。

でも、このガード部分ってめっちゃ汚れるんですよね…。

赤ちゃんがボロボロ食事をこぼしたり、汚い手で触ったりして気づいたらベトベト…布製のベルトだと拭き取っただけでは綺麗にならないし汚れが染み込んでお手入れが面倒です。

でも、すくすくチェアのベビーチェアーは心配無用!

木製ガードなのでお手入れがとっても簡単!

さっと拭き取れば大体綺麗にできますし、アルコール消毒でしっかり除菌する事もできます。

ガードは取り外しも可能です。

木製のテーブル付き

うちは食べるのが待てない子だったので離乳食は手づかみ中心。食べた後にはいつも机がベトベトドロドロ。

最後まで悩んだストッケのテーブルはプラスチック…プラスチックって劣化するし色移りしたり手入れが面倒ですよね。

すくすくチェアのテーブルは木製なのでお手入れ簡単!

大和屋,すくすくチェア

ガードと同じく、さっと拭き取るだけで汚れが綺麗になって、しっかりアルコール消毒することも可能です。

そしてとっても丈夫!

子供が食器をガンガンぶつけて4年間酷使しましたが、見た感じそんなに劣化を感じません。

大和屋,すくすくチェア

テーブルは使いたくなければ、くるっと後ろに回したり、外したりすることもできますよ。

注意
テーブルを後ろに回す時は子供が手を挟まないように注意!

【大和屋すくすくチェアスリムプラス】のデメリット

すくすくチェアスリムプラスにはとても満足していますが…

デメリットをあげるとすれば

  • 選べる色が3色と少ない
  • 使えるのは10歳まで

という点でしょうか。

でも、我が家は木製のナチュラルな色のベビーチェアーが欲しかったし、大人まで使えなくても『高性能で価格を抑えたベビーチェアー』が欲しかったので、すくすくチェアスリムプラスで全く問題ありませんでした。

我が家が選んだのは「すくすくチェアスリムプラス」

色々と考慮・比較した上で我が家は大和屋の「すくすくチェアスリムプラス」を選びました。

すくすくチェアスリムプラスをおすすめする方
  • 色は木製でいい
  • ベビーチェアーは大人までは使わない
  • できるだけコンパクトな方が見た目的にもよい
  • 値段は少しでも安い方がいい

初めにも書いたように『シンプル・コンパクト・安い』という点を重視したい方は『すくすくチェアスリムプラス』を購入すると間違いはずです。

ベビーチェアー選びはとっても悩みましたが、リーゾナブルな価格で質の良いベビーチェアーを購入できてとても良い買い物をしました。

何より、子供が喜んで使ってくれるのでとっても嬉しいです。

みなさんも色々と比較して自分の家庭と子供に合ったベビーチェアーを見つけてくださいね。

今回の記事がベビーチェアー選びで悩んでいる方のお役に立てれば幸いです。

最後まで読んで頂き本当にありがとうございました!

\ブログランキング参加中/
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ

ポチっと応援していただけると嬉しいです!

スポンサードリンク

よかったらシェアしてくださいね!

コメントを残す